アルファードハイブリッドのユーザー車検

こんばんは。
AT-1群馬自動車販売の近藤です。
今夜から明日は天気悪いみたいですね・・・

先週末ですが、いつもお世話になっている都内のお客様からご依頼を頂きアルファードハイブリッドの車検を行ってきました。

アルファードハイブリッドのユーザ車検

年末に修理で入庫した際にちょっとメンテもしていたので、今回の車検はあまりお金をかけずリーズナブルな車検です。

世田谷区のお客さまなので、今回は東京陸運支局で持ち込み検査。

アルファードハイブリッドは車検の排ガス検査のときにエンジンをアイドリングさせる必要があるので、排ガス検査のときは2WD整備モードにいれて検査します。

プリウス同様、通常の停止状態ではエンジンからの出力はなくなりバッテリーだけで待機してしまうので排気ガスの検査が出来なくなるのを防ぐため常時アイドリングの整備モードを設定してから検査する必要があります。

ちなみに整備モードに移行した場合、ブレーキシステムも変更されてしまうので車検のブレーキ検査で引っかかってしまうから整備モードに入れるのは排ガス検査の直前で大丈夫です。

しかし、群馬の車検場に慣れているので違う陸運局へくるとアウェーを感じてしまいます・・・

そろそろ車検が近づいているお客様いらっしゃいましたら、是非お声かけください。