こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日から3連休の方も多いみたいですね~

そんな中、今月から出張作業用に自社のトラックを新規登録してきました。

キャンターの車検

個のトラックは出張のロードサービスで自動車の出張パンク修理やスクーターの出張タイヤ交換など、出張先で様々な作業が出来るように工具や設備を搭載する予定です。

しかし、トラックの新規登録って乗用車と違っていろいろと面倒なんですね( ゚Д゚)

今回のケースでは通常の検査コースのほかに諸元確認で車体の大きさの確認と車輪の前側と後ろ側の重量を測ったりと、コース入場から検査完了まで1時間以上かかってしまいました。

でも、次回からは通常の車検で済むので面倒なのはこれでおしまいです!(^^)!

トラックの検査ではキャブ(人が乗る部分)を上げて車体番号やエンジン番号を調べます。

トラック車検

じつは、先週も別のトラックでこのキャブの上げ下げをしたらギックリ腰になってしまい、1週間は体がまともに動かせずきつかったですね~

今もちょっと痛みが残っていますが、一応は普通に仕事も出来るようになったので一安心です。

そして、出張が多いので車内で音楽とか聴けるようにブルートゥースが使えるステレオと音源の入ったアマゾンのファイヤータブレットを搭載。

キャンターの車検

もともとスピーカーもついていなかった中古のトラックなので、スピーカーを取り付けて音もちゃんと出るようにしました(^^♪

今回は自社のトラックの車検ですが、4トンまでのトラックは当店でもユーザー車検出来ますのでトラックの車検で困ったときはご相談ください。